タイトル
HOME / Co-PUBメイト / オーディション / 翻訳出版相談 / 共訳進行中 / 翻訳プロフェッショナル / eガイア書店 / BUPST / BJ / バベルプレス出版目録 / NEWS&イベント お問い合わせ
『子どもたちのためのハーブブック』
       〜親子で読んで楽しく学ぶ!親子で読むハーブブック!〜
■著者:レスリー・ティエラ
■訳者:井筒恵子、各務美香、菅野朋子、松村朝子、百田奈々絵、山田裕子、
■監訳者:赤松由美子 
■医学監修:橋場良
赤松由美子さんからのメッセージ・・・!
 

数千年も昔から、ハーブは痛みをやわらげたり傷を癒したりするために用いられてきました。

そして、化学薬品による薬害が問題となっている近年、

自然の恵みであるハーブを用いた伝統的な療法が見直されています。

ハーブを使ったお料理や飲み物を味わったことのある方も、

ハーブは初めてという方も、それぞれのハーブにどのような効能があり、

どのような使い方があるのかを知ったなら、

もっといろいろな種類のハーブを暮らしに役立てることができるでしょう。

ハーブには、一般に知られているリラックス効果やリフレッシュ効果の他に、

寒気やのどの痛みといった風邪の諸症状や、胃腸の不調、

やけどや切り傷などを癒す力をもつものが数多くあります。

本書はそうしたハーブの効能や利用法をお子さんから大人の方まで楽しく学んで、

暮らしの中で役立てていただくための一冊です。

ハーブにちなんだ物語を読んだり、イラストに色を塗ったり、

親子で遊びながらハーブについて学んでいくことができます。

ハーブティーをはじめ、ハーブのシロップ、ビネガー、トローチ、

塗り薬などの作り方と使い方がわかりやすく紹介されており、

症状別にどのハーブをどのように使えばよいか一目でわかるように巻末の付録にまとめられています。

また、ハーブを室内などの小さなスペースで気軽に育てる方法や、ポプリやサシェ、押し花など、

ハーブを使ったご家庭で簡単に作れるクラフトも紹介されています。

ハーブとの出会いをきっかけに、

植物ひいては地球の自然を大切に思う心がひとりでも多くの子どもたちの中に育っていくように、

ハーブの知識を次世代の子どもたちに伝えたい、というのが本書に込められた著者の願いです。

本書で学んだハーブのさまざまな魅力を家族やお友だちにも教えてあげたり、

ハーブを使った手作りの品をプレゼントしたりしてはいかがでしょうか。

                                                       監訳者・赤松 由美子
COPYRIGHTc2010 BABEL K.K. ALL RIGHTS RESERVED.